Beauty care

肌の健康を保つために|肌質に合ったスキンケア用品を選ぼう

基礎化粧品の使う順番とは

正しい順番がある理由とは

女性

メイクを目的にした化粧品ではなくスキンケアの化粧品が基礎化粧品です。
敏感肌やオイリー肌の様に様々な人の肌に合わせられるように種類も豊富にあります。
人によって使用するアイテムの数は差がありますが、1つのメーカーに拘らなくても問題ありません。
基礎化粧品の鉄則として基本的に使う順番を守るのが大切です。
最初に化粧品、次に美容液と乳液最後にクリームを使います。
正しい順倍がある理由は、基礎化粧品それぞれには役割が違うからです。
その為、正しい順番でなければスキンケアの効果が出ない場合もあります。
何故最初に化粧水を使うのかというと、洗顔をすれば汚れも落ちますが保湿成分も必要になります。
それを補ってくれるのが化粧水ですし、角質層まで浸透すれば後に使う基礎化粧品の浸透も効率良いです。
なので、他の基礎化粧品は飛ばしたとしても、化粧水は洗顔直後に忘れずに使う事が重要です。
次に美容液です。
商品によって保湿や美白と目的が違ってそれぞれに特化しているので、集中的にスキンケアが出来ます。
ですが役割としては、基本的にしわやたるみといった肌トラブルが起きている場所へと足りない有効成分を補う事です。
そして乳液です。
肌には水分だけでなく、油分も適度に必要です。
乳液は水分と油分がバランス良く配合されているので、油分が足りないスキンケアにならないように油分が必要なだけ与える役割を持っています。
最後にクリームです。
乳液よりも油分を沢山配合しています。
なので、今までのスキンケア化粧品で与えてきた有効成分が肌から出ないように透明な蓋をして閉じ込める役割です。

化粧品の成分や特徴を知る

ウーマン

美しい肌を維持して行く為には毎日のスキンケアをきちんと行う事が大切となります。
これは肌の状態に応じて潤い分を補う事や、保湿効果が得られる成分を含んだ化粧品を使用するなどで対応します。
そして化粧品の購入検討を行う際に通販サイトを活用しますと、各スキンケア成分の特徴などを把握しながら決める事ができるでしょう。
例えばコラーゲンは肌の水分をキープする保湿成分としての働きを行います。
ヒアルロン酸は肌の中にもともと存在している成分で、これを肌に塗ると肌からの水分蒸発を抑え込む高い効果が得られます。
またセラミドは細胞間の保湿物質として多く含まれていますが、加齢と共にセラミドの量が徐々に減少しますので、乾燥し易くなった肌に対して潤いを与えて行く事が可能となります。
化粧品には美白効果の得られる成分も含まれており、例えばビタミンC誘導体は肌に塗ると内部に浸透して、肌の中でビタミンcとして美白効果をもたらしますので、シミやソバカスの発生防止の効果が得られます。
通販サイトでは化粧品に含まれるスキンケア成分の特徴を把握して、実際の商品に配合されている成分の種類や配合量を確認して検討を進める事ができます。
また、メーカーのオリジナル成分の配合有無や配合成分のナノ化などの特徴を把握する事も可能です。
また通販サイトでは実際に化粧品を購入して使用している方のスキンケア効果など口コミ情報も参考にしながら商品選定を行える点でメリットがあります。

肌質などに合わせよう

婦人

乾燥しやすい肌、逆に皮脂分泌が多くべたついてしまう肌、ちょっとした事で刺激を感じる敏感肌など、肌質は千差万別です。
スキンケアを行う際に使用する基礎化粧品、自分の肌質に合ったものを選ぶという事が、健康な肌をキープする条件となります。
乾燥が酷いという方の場合は、保湿作用の高い美容成分を多く含んだ基礎化粧品を選んで、スキンケアする事がおすすめです。
水分を抱え込む性質を持つセラミドや、肌内部の水分が蒸発しないようにするヒアルロン酸・コラーゲンといった美容成分を含んだ基礎化粧品が向いています。
皮脂が多く出てしまう油脂症肌に悩んでいる方は、皮脂の分泌をコントロールする美容成分や、さっぱりした使い心地の基礎化粧品でスキンケアしてみましょう。
ビタミンC誘導体は過剰な皮脂分泌を抑える作用のある美容成分で、皮脂でべたつきやすい肌質の方のスキンケアにピッタリです。
ハマメリエキスといった肌の収れん作用を持つ美容成分は、毛穴を閉じさせ皮脂の分泌を抑制するので、さっぱりとした使い心地になります。
新しい基礎化粧品でスキンケアを行うという際、特に敏感肌に悩んでいる方は「使って肌トラブルが起こらないか・・」と、不安に感じるでしょう。
肌が敏感に傾いている時に使用する基礎化粧品は、できるだけ肌に刺激の少ない成分で作られているかどうかをチェックします。
合成香料や着色料、石油系界面活性剤にアルコールなど、肌への刺激となりやすい成分を極力排除してある、基礎化粧品であれば敏感肌でも使いやすいでしょう。