Beauty care

肌の健康を保つために|肌質に合ったスキンケア用品を選ぼう

美肌を保つ方法

毎日行う肌の手入れ

レディ

肌はスキンケアをしなければ老化していきます。
若い時は肌の回復も早いので、日焼けをしてもシミにならず元の状態に戻ります。
しかし、年齢を重ねるにつれて肌も年を取ります。
スキンケアをしなければ、シミが出来たりシワが増えたりと、老け顔の様子を作ってしまいます。
毎日必ず肌のスキンケアを行いましょう。
潤いのある肌を保つためには保湿力が鍵です。
肌の水分量を保つためにも、洗顔後は化粧水や美容液を使って肌の質を整えてください。
ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドなどが配合された製品を使うことで、より肌の保湿力を高められます。
肌に浸透させるためには、保湿力の高い化粧水や美容液を使用しましょう。
紫外線を浴びることによって、メラニンが肌に蓄積されてシミが出来ます。
シミの出来始めならば、ビタミンc誘導体が配合されている美容液を使うことをお勧めします。
色素沈着した部分を薄くする効果があるのです。
シミの色素沈着が定着してしまうと、自力で取ることは難しいかもしれません。
普段のスキンケアももちろん重要なのですが、濃いシミを取りたい場合は皮膚科でハイドロキノンを処方してもらう方法もあります。
肌の漂白剤とも呼ばれていますから、色素沈着した部分を薄くすることができるのです。
シミやシワができない様に、普段からのスキンケアは欠かせません。
毎日のスキンケアが結果として肌に現れます。
美肌を保つためには、継続して欠かさずスキンケアを行ってください。

ニキビはビタミンC誘導体

女の人

美しい肌を手にいれるために、スキンケア製品を使用するのは女性の常識となっています。
基本は、洗顔で顔を清潔にした後、化粧水で水分を補給し、乳液やクリームで蓋をして潤い成分を肌の中に閉じ込めるという方法です。
肌にトラブルがない場合は、ノーマルなスキンケア製品を使っていてもOKですが、しわやシミ、ニキビなど、肌に悩みがある場合は、それぞれの悩みを解消する美容成分が配合されたスキンケア製品を使うのがおススメです。
まず、加齢とともに気になり始めるしわやたるみには、レチノールやセラミド、ヒアルロン酸などがあります。
レチノールは抗しわ成分として知られており、セラミドやヒアルロン酸は保湿効果が高く、肌をふっくらさせてしわを改善する効果があります。
紫外線によるシミやそばかすには、ビタミンC誘導体やアルブチン、ルシノールなどの成分が有効です。
ビタミンC誘導体は、シミを防ぐ効果と、できてしまったシミを薄くする効果があります。
アルブチンは、美白効果が高い成分であるほか、ビタミンCと一緒になることで、より美白効果が高まります。
ルシノールは、メラニン色素の生成を抑え、シミを予防する効果があります。
ニキビに有効な成分は、ビタミンC誘導体やグリチルリチン酸ジカリウムです。
ビタミンC誘導体は、抗酸化作用でニキビの炎症を抑え、改善する作用があります。
グリチルリチン酸ジカリウムは、天然の優しい成分で抗炎症作用があり、ニキビを悪化させません。
自分の肌の悩みに合わせて、ぴったりの有効成分が配合されたスキンケア製品を選ぶのが良いでしょう。

より美肌作りに効果的

女性

基本的なスキンケアは化粧水でお肌を保湿したあと、乳液やクリームで水分が蒸発しないよう蓋を行う方法です。
このスキンケア法も間違ってはいないのですが、シワやたるみ、シミや毛穴の開きなどの対策としては少々物足りなさがあります。
化粧水と乳液・クリームのみのスキンケアは、お肌を潤す事はできてもプラスαの美肌効果を期待するには、少量パワーが足りません。
より美肌を目指すのであれば、基本的なスキンケアに美容液などを加えたスペシャルケアを行ってみましょう。
手軽にスペシャルケアを続けたいという方には、化粧水・乳液・クリームによるスキンケアに、美容液をプラスする方法をおすめします。
化粧水は水分を肌に与えるもの、乳液・クリームは油分を与える基礎化粧品ですが、美容液は美容成分をより肌に浸透するために作られた基礎化粧品です。
化粧水などにも美容成分は含まれているものの、美容液と比較した場合、やはり配合量には大きな差があります。
美容液をいつものスキンケアにプラスするだけで、シワやたるみ、シミなどの肌トラブル対策に効果が期待できる、スペシャルケアを行えるのです。
コラーゲンやプラセンタエキスなどお肌にハリ感をもたらす美容成分や、ビタミンC誘導体などニキビケアに良いとされる美容成分を配合した美容液もあります。
自分の肌の悩みにあった美容成分を配合した美容液を、基本のスキンケアにプラスして美肌を目指してみてはいかがでしょう。